スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
美術館のススメ
ヨーロッパを旅しているときにひとつ覚えたことがある。
それは、その土地土地の美術館や博物館に行ってみること。
これが、なかなかいい。
美術に対し何の興味も持たず、知識も持たなかった僕が、ふと行ってみたパリのルーブル美術館で衝撃を得た。
あそこは、出展数も、内容も世界髄一だが、意味がわからなくても画家の魂を感じさせてくれる。
直に観てみる。これに尽きるが、圧倒的なものである。
作品個々に魂が宿っていることが、充分に素人でも読み取れる。
ざっと流して観ても4時間ほどかかる、膨大なコレクションだが、あれだけの作品に囲まれると、反対に作品に心を覗かれているような、気にさえなる。
ヨーロッパには、主要な都市にはすばらしい美術館がたくさんあるが、どれも良かった。(もちろん、日本にもたくさんすばらしい美術館があるけれど)
それ以来、行く先々の美術館に必ず行く習慣ができたが、芸術家が、命を削って書いた作品に直に対面して自分をの心を覗かれてみる。なにやら、日常とは違った心の動きが自分の中に現れてくる。
そんな体験ができるのである。
皆さんも、お近くの美術館で、一枚の絵と格闘してみてはいかが?
スポンサーサイト
【2005/10/06 16:35】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<一所懸命になる。 | ホーム | バルセロナ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mmfa.blog23.fc2.com/tb.php/8-cba7c59a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ルーブル美術館の設備
パリに行ったとき、 とても楽しみにしていたのがルーブル美術館。 旅情報満載→旅ブログランキング 女一人旅は楽しい!【2005/10/09 04:32】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。