FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
政治と人
政治と人との関わりあいは、古来より、全世界で試行錯誤されてきた。
そして、今日に至っても、試行錯誤を続け、そのベストの方法で歩んでいる国というのは、なかなか見当たらない。

絶対的多数を占める民衆が、いかに、はつらつと、心地よく日々暮らせるかの度合いによるところが大きいだろうが、およそ政治というのは、本来の意味をかけ離れて、大なり、小なり、恣意的になり、公私混同が進み、退廃していく要素を大きく内包している。

それは、人が、持っている本質的なものに起因するかもしれないが、
 「人は、大金を持ったら、性格が変わる。」などと、まことしやかにささやかれていることは、政治権力についても、いえることである。

わが国日本も、その意味では、政治家や官僚などの一般市民からは、かけ離れた倫理観を形成する特権階級を多く抱える現行の政治体制は、江戸時代のそれと、本質的には、なんら変わらず、ただ、堂々とやっているか、こそこそやっているかの違いで、甘い汁をすする輩のはきだめである。
戦後日本の政治が、何をやってきたかといえば、勤勉で、よく働く国民の上にあぐらをかいて、湧き上がる税収を、能書きを並べて無造作に無秩序に、だだらに、浪費し、その上膨大な借金まで作ってきただけで、その実は、極めて薄く、それは、政治という名のゴシップに過ぎない。
この悪しき風習は、いまだ続いて、とどまるところを知らない。

いつまでも、ずるずると安っぽい議院内閣制を続け、特権化していく意味など、どこにあるのだろうか。
「政治家は、お金がかかる。」という彼ら自身が作ったマヤカシに乗って、年間数千万のお金を費やし、いったい善良な一般市民が、何を得られるというのか。また、得たというのか。

完全なる聖域を作って、安穏としている者たちが、「改革」などと叫んでみたところで、机上の空論に他ならない。
まず、自分たちの給料を減らしてから、ものを言うべきであり、それが、民主主義というべきものの、普通の入り口である。
スポンサーサイト
【2006/01/30 00:45】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<おかしな国 | ホーム | 人は、皆、何かについて、天才だ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mmfa.blog23.fc2.com/tb.php/23-34b0897b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。