FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
人間の本性 その2
もうひとつの出来事は、2年前のことになる。
これはまた、人智の及ばないひどい状況が訪れた。
状況は、こうだ。
・父親が、ガンで倒れて、闘病生活に入ってしまった。
・娘が、生まれながらに病院にかかることになり、入退院の繰り返し。
・それにかかる一月の入院費が、月収の2.5倍。
まさに、右も左も向けない状況に陥った。それも、前触れも無く。
そんなときに、愛犬が、人をかんでしまったり、家族が、車をぶつけてしまったり、ここには書ききれないくらい、嘘の話のような不運が、一気に降りかかってきた。
本当に自分の命まで、見えない何かが取りに来ているのではないか。と思えるくらい、自分の力ではなんともできない状況。
一般的には、めったに無い状況だけれど、僕は、そのとき何を思ったか。
自分を試すということにストイックに生きてきたというのが、こんなとき意外と役立った。不気味だけれど、ニヤリと笑えたのである。
「これは、試されている。」
そう取ったのだった。このとき、これが、僕の本性だということがわかった。
まさに絶体絶命の状態に追いやられた自分の状況を、楽しんでやろう。
やるだけやって、だめならそこまでだ。
その時に、もうひとつ頭によぎったのは、織田信長の絶体絶命に追い込まれた時の数々の逆転劇だった。特に信長包囲網を敷かれたときの切り抜け方、これを、体に染み付けておいたのが、効いた。
信長は、軍勢や民衆を統制して切り抜けた。個人のことで四苦八苦している自分が、どれほど小さいことか。たかだか、一家のことを、乗り切れなくて、何者にも成れるはずが無い。
そんな思いで、一家としては、存亡の危機となるほどの状況を切り抜けられた。
結果的に父親は、病魔に勝てずこの世を去り、娘は、まだ、病院にかかっているけれど、今とこのときとの大きな違いは、人生のなかでも、もうないぐらいの絶体絶命な状況を切り抜けたことによる自信を得た事と「ピンチの後には、チャンスあり。」という野球界の格言を信じて、会社を辞めて自営の道を歩み出せたこと。
このときの苦境は、死ぬまで忘れないと思うが、土壇場でようやく確認できた自分の本性と向き合って、自分の道を極めたい。
スポンサーサイト
【2005/10/31 16:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<パリの暴動 | ホーム | 人間の本性 その1>>
コメント
こんばんわspiralです。
「人間の本性」シリーズ読ませて貰いました。
私などには想像出来ない苦難を越えて来られたのですね。

私は現在心臓に病を抱えておりまして、これまで発作で何度か死にそうな目に会いました。現在は落ち着いていますが、この時に思ったのが、「自分は生まれてこれまで周りの人に何一つ恩返しをしていない。公の益になることも何一つしていない。だから絶対にこのまま死ぬわけにはいかない!」と強く思い、それがきっかけで教育や政治に関心を持って勉強するようになりました。そして、その学んだことを一人でも多くの人に伝えたいとの思いでブログを始めました。

死ぬまでにどれ程のことが出来るか、大したことは出来ないと思うけど、この日本国が、少なくとも他国に侮られるような国から脱却し、横田早紀江さんがよく言われる「凛とした日本」になって欲しい、それにわずかでも自分が協力できればと思っています。
そして、次世代を担う子供たちが日本人であることを誇れるような国にしたいです。

今のままの日本では、子供たちがあまりにも可愛そうです。

特に学校教育は酷い、というより酷すぎます。自虐的な歴史教育。フェミニストによるジェンダーフリー思想の導入etc.

私はまだ独身ですが、もし子供がいたら、正直今の学校へは行かせたくないです。

ブログの記事とは関係ない話になってすいません。それではまた。
【2005/11/02 22:14】 URL | spiral #-[ 編集] | page top↑
spiralさん、毎度コメントありがとうございます。
お体大丈夫ですか?人間は、体が資本です。私の母親も心臓の難病で2度ほどたいへんな手術をして何とか助かりました。お大事になさってください。
さて、学校の現状は、現場の先生から聞いてもひどいもののようですね。結局、全てが崩壊してしまったような状態らしいです。後は、親が悪いだの、生徒が悪いだの、先生が悪いだのなすりつけあいになっているようです。
私は、三者三様のひどい部分を抱えているので、今のところ解決策が、見出せないような気がします。しかし、一番の犠牲者は、やはり、子供たちですので、大人たちが、今こそ芯の座った、教養を身につけ無ければ、前には全く進まない問題なのでしょう。
それと、私のことですが、結局、阿呆なだけだと、最近思っています。何事も、納得いくまでやりすぎなければ、つかむ物が何も無い。自分の中で後悔を、残さない人生を歩みたい。今でも、一点ですね。阿呆道を極めてみたいと思います。
【2005/11/04 00:13】 URL | MMfactory #uSG38wC6[ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/11/06 01:50】 | #[ 編集] | page top↑
こんばんはk-masterです。
いつも私のblogへコメントくださいまして、ありがとうございます。
人間の本性はある意味、どん底でしか知りえないのかもしれませんね。
それと、あせった時とかも本性が出やすいですね。
人生の波が落ち込んだときに、これ以上悪くならない、これからは良くなるばかりと感じるか、この暗闇のトンネルから抜け出せないと感じるか、同じ状況でも考え方でずいぶん展開がちがってきそうですよね。
立ち止まって後ろ向きになっても時間や回りはどんどん先に過ぎてしまいます。
MMfactoryさんのポジティブな考え方は世の成功者の方の考え方と一緒ですね。
私の妻は悪い事が起きたときには、業が消えたと言って、かえって喜びます。
妻の本性には感服いたします。(笑)
【2005/11/09 01:29】 URL | k-master #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mmfa.blog23.fc2.com/tb.php/13-249407ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。